SNSの基本的なお話

交流系のSNS

主な交流系SNSは、TwitterやFacebookです。
Facebookは、無料で利用登録が可能で実名で登録するのが決まりです。
友達や知り合いと情報共有したりコミュニケーションを図ったり、自分自身の最近の情報や自分と同じものが好きな人と集まるコミュニティを作ったりするなど、人脈を広げるための手段として利用されています。
Twitterは、自分のTwitterを見ている人に広く伝えたい事を、140文字以内の短い文章に書き、みんなで共有などができたりする無料のサービスです。
簡単にいうと1投稿が140文字以内の日記のようなものです。
政治家や芸能人タレントや有名な社長などさまざまな人が活用しています。

その他

交流系のSNS以外にもあまり知られてはいませんが、メッセージ系のLINEや写真系のInstagram動画系のYouTubeなどもSNSの一種です。
LINEとは、スマートフォンやPCで使用可能で、無料で通話やメッセージのやりとりが可能です。スタンプ機能がついているため、各企業が有料スタンプなどを販売しています。
世界で1億人以上の人がダウンロードしており、様々な人とコミュニケーションをとるためには欠かせないツールです。
Instagramは、写真の撮影や編集、公開をアプリ1つで行う事ができ、写真撮影をしたことがない人でも手軽におしゃれでプロが撮影したと勘違いするような写真が撮れます。
YouTubeは、どんな人でも簡単に動画投稿ができ、不特定多数の人に動画を見てもらう事ができるSNSです。
動画投稿する人の中には、広告収入を得て生計を立てている人もいます。